債務整理に陥った私を助けてくれた弁護士さんの助言

借金を安定して返せなくなったら取るべき手段

お金を借りていて返済が出来なくなった場合は、まず借り入れている金融機関に行って、相談をすることをお勧めします。返済方法や返済額をちょっと見直すだけで、意外と簡単に返済できることもあります。しかしそれでも返済が難しい場合は、債務整理をするのがいいでしょう。

債務整理の方法

通常は債務整理に強い弁護士や司法書士に相談して行いますが、中には自分で裁判所に申し立てをして行う方法もあります。前者には任意整理や自己破産、後者には特定調停が該当します。任意整理の場合は20万円から25万円、自己破産の場合は30万円ほどの費用が掛かります。特定調停の場合は債権者数にもよりますが、数千円から1万円程度です。費用が掛からない分、定期的に簡易裁判所に出頭することになります。

債務整理は公的にサポートしてもらえます

ところで、債務整理をしたいけどお金がなくてなかなかできないという人もいるでしょう。そのような場合には、都道府県の弁護士会、あるいは法テラスで無料相談をするのがお勧めです。法テラスの場合は、その人の問題に合った弁護士や司法書士を紹介してもらえます。また、収入が一定の基準を満たさない場合は、一時的にではありますが、費用を負担してもらえます。これを民事法律扶助といいます。負担してもらった分は、後で分割返済をすることになります。

債務整理後に気をつけるべきこと

ところで、債務整理、特に自己破産を行った場合は、その後DMが送られてくることがあります。大抵の場合融資のお知らせですが、こういった業者は闇金の可能性が高いので、利用してはいけません。お金が足りなくなることが多いため、つい誘惑に乗ってしまいがちですが、闇金とは違法の業者であるため、通常よりもはるかに高い金利で貸し付けを行い、返済できない時には家や職場に押し掛けて来ることもあります。また、一日中督促の電話をかけ、恫喝口調で取り立てを行います。

美味しい話には裏がある!ヤミ金からの誘いにご注意

闇金の見分け方は、普通はあり得ないような高額の貸し付けを謳っていること、連絡先が携帯電話の番号しかないこと、また、事務所に貸金業者の登録番号がないことなどで大体察しがつきます。また申し込みの時には、白紙委任状や印鑑証明を持参させることもあります。しかし、通常の借り入れにはこのようなものは必要ありませんので、その場合もまず闇金を疑ってください。またもし闇金を利用した場合には、すぐに専門の弁護士や司法書士に相談しましょう。

新しい相談記事